当会では、生産工学、生産技術、生産システムの研究並びに実施等に関するわが国の業績で、学術の進歩と産業の発展に大きく貢献した顕著な業績に対して毎年次の要領により大河内賞を贈呈して表彰しております。本年度も大河内賞にふさわしい候補業績をご推薦いただきたく、募集をいたします。

1.受賞資格
 最近において優れた業績をあげた個人または5名までのグループ1)あるいは事業体2)

1) 個人、グループの所属は、会社、研究所、大学等いずれでも結構です。
2) 事業体とは、会社、工場、研究所、事業部その他種々の研究開発実施形態を指し、規模の大小は問いません。受賞は原則として同一年度1社1業績。
2.賞の種類
区分 賞の種類 賞の内容
個人または5名以内のグループを対象とする賞 大河内記念賞 賞状、副賞(メダル)、賞金(100万円/件)
大河内記念技術賞 賞状、副賞(メダル)、賞金(30万円/件)
事業体を対象とする賞 大河内記念生産特賞 賞状、副賞(大型賞牌)
大河内記念生産賞 賞状、副賞(賞牌)
3.推薦者
 事業体、個人または自薦いずれでも結構です。
4.推薦書等
◎概要 推薦業績の概要は、(1)研究開発の背景と目標 (2)経過 (3)内容と特長(業績の独創性及び先行性、学術的優秀性、競合技術に対する優位性、経済的貢献度、社会的貢献度、技術内容の公開度、克服した課題、将来性等) (4)成果(生産実績:生産[販売]の数量、金額、市場占有率の経年の推移 〔輸出も含む〕の4項目について、その要点を簡潔に記述して下さい。
◎付属説明書 (1) 上記項目(1)〜(4)についての詳細な内容を付属説明書として作成し、添付して下さい。
(2) 複数の事業体が関与している場合は、付属説明書において、(5)分担の項目をたて、その分担範囲について記述して下さい。推薦書(A3判)及び付属説明書(A4判)は、明朝体により印字・作成して下さい(手書きは不可)。


	募集要項をダウンロード

こちらから募集要項のPDFをダウンロードできます
(PDF:379KB / 1 page / A3



推薦書をダウンロード

こちらから推薦書様式のPDFをダウンロードできます
(PDF:379KB / 1 page / A3


こちらから推薦書様式のWordをダウンロードできます
(Word 文書: 50.5KB / 1 page / A3)

◎参考資料 参考資料(学術論文、学術講演録、報告書、特許等)には総合目次をつけて、そのうち添付するものは精査して主なもの合計10件以内(総合目次に※をつける)とし、それにタックインデックスをつけ索引・閲覧を容易にして下さい。
5.提出部数
(1) 推薦書は、所定の用紙に必要事項を記入して、推薦者印を捺印、それぞれに付属説明書・参考資料を添付し、6セット(正1、写5)提出して下さい。なお、提出書類等は返却いたしません。
(2) 関係の事業体(会社等)の案内パンフレットを1部提出して下さい。
6.推薦応募受付期間
 毎年6月1日から8月 
   (平成29年度の締め切りは8月15日(火)午後4時必着)
7.推薦書送付・連絡先
 〒105−0001
 東京都港区虎ノ門1-21-10-1501 (グランスイート虎ノ門)
 公益財団法人 大河内記念会
 電話 03-3501-2856  FAX 03-3501-2727
 e-mail: kinenkai@okochi.or.jp

8.審査
(1) 審査委員会は、候補者に対し資料の追加請求ヒアリングあるいは当該技術に係る製品の生産現場の実地調査を行う場合があります。
(2) 審査中に、賞の題目、候補者の一部等の変更を要請することがあります。
(3) 審査の内容に関するお問合わせには一切応じることはできません。
9.審査結果
 審査の最終結果については、翌年2月中旬までに文書により推薦者、代表研究者、代表事業体の代表者に通知(連絡担当者経由)します。
10.受賞者の発表
 受賞者の発表は、2月中旬に当記念会のホームページ、新聞等で行います。
11.贈賞式
 大河内賞各賞の贈賞式は、翌年3月下旬頃に日本工業倶楽部にて行います。
12.その他
※ 当記念会案内(歴代の受賞業績題目と受賞者名収録)は、お申越しによりお送りします。
※ 大河内賞の賞牌の制作者について

大河内賞の各賞の受賞者に贈呈される賞牌の原型の制作者は、大河内正敏博士と親交の厚かった彫刻家、朝倉文夫氏(1883年〜1964年)である。

朝倉氏は、明治期の日本の近代芸術の大きな流れの中で、自然主義的写実主義を貫き、日本の近代彫刻の技法を確立し、彫塑界の最高峰といわれた人である。朝倉氏の数多くの彫刻作品は、朝倉彫塑館(東京・台東区谷中)に収蔵、展示されている。